HOME > 検索

検索ワード
メインカテゴリ
サブカテゴリ

車のパワーウィンドウで野菜だけじゃなくカニまで切るだと?!今回紹介するのは、無茶な企画を強引にやり遂げる「東海オンエア」。冬といえば鍋。その鍋料理の具材を切るのに、車で代用してしまおうという話。発想は単純で、中・高生が包丁使うと危ないので、という明快な答えなようだ。切る材料は豆腐や白菜、大根など様々な野菜を切ることにチャレンジしている。ただ難関はカニ。果たしてカニを真っ二つに切れるのか、はた・・・
LifetimeRespectで全国的に知名度を上げた三木道三が復活LifetimeRespectでレゲエファンだけでなく一般の人にまで知られるようになった三木道三。その三木道三がDOZAN11として復帰し、伊勢神宮外宮勾玉池奉納舞台でレゲエを歌ってた、、。伊勢神宮の奉納でレゲエを歌うっていうのも乙なものですね。見ているファンも三木道三のリズムにどんどん乗せられ、楽しんだようです。今後の活躍・・・
催眠術が得意というおばさんイギリスの超人気番組、ゴッドタレントに出場した催眠術を掛けることができるおばさん。しかし胡散臭かったのか審査員は少し呆れ顔。そしてブザーが鳴らされ途中失格となった。しかしなんということでしょうwwブザーの音にびっくりして催眠中の人たちがビクついてるではありませんかwwwその一部始終をご覧ください。
世界の危機一髪まとめ日本でも自転車が増え、今は中国より多いのが現状。一瞬のミスで大事故につながる危険をまざまざと見せつけられた瞬間だ。火事が起こればすぐに駆けつけてくれる消防隊員というスペシャリスト。だがプロも危険との隣り合わせのようだ。これはすごい瞬間。まさか落雷が降り注ごうとは・・。
日本のどっきりでは笑いが最後にあるが、アメリカは笑いはいらないオノを持った男が全力で追いかけてくる。恐怖に戦く人々、もうこれを見たあとは一人で眠ることすらできないだろう。夏はまだ来てないが、5月病をこれで吹き飛ばそう。
これがアメリカ文化、U2、ジミー・ファロンがNYC地下鉄でどっきりパフォーマンスを繰り広げる路上ライブは明日のスターを夢見る若者の演奏の場で、パフォーマンスの場所としてニューヨーク・シティ地下鉄は名スポットとなっている。そんな地下鉄で現れたのはU2とジミー・ファロン。U2は説明する必要もないが、世界的なロックバンド。ジミー・ファロンはアメリカで大人気のコメディアンだ。そんな彼らがストリートミ・・・
富士ゼロックスが総力をあげたドラえもんの四次元ポケットプロジェクト、第3弾が公開された富士ゼロックスは、まんが「ドラえもん」の「ひみつ道具」作りにチャレンジする「四次元ポケットプロジェクト」を推進し、これまで「セルフ将棋」や「望遠メガフォン」を公開している。第3弾で発表された室内旅行機は、部屋の中にいながら旅行気分を楽しめる「ひみつ道具」だ。これまで公開してきたドラえもんの道具では、実現がよ・・・
イギリスの人気番組でお馴染みのゴッドタレントに登場した男性。あまり運動神経はよさそうに見えない彼は、トランポリンを得意としているという。実際にショーが始まると、やはりドジばかりwwwしかしこれが彼の持ち味だった。すぐに観客の心をつかみ、彼はスターへの階段を上り詰めることができるのか?!
ロシアの山奥で狩りをする男性。前方からまっすぐ走ってくるイノシシに狙いを定め、ズドーーーン!!音とともにイノシシに向かって銃弾が発射された。だが、かなり至近距離だったのにも関わらず見事に的を外し、イノシシは撃たれたことに怒り狂い、さらに加速して男性に猛ダッシュ!!男性は長年の経験か、よく外してるからの慣れなのか、とくかく逃げる速さが早いことwww
ここは千葉県南房総市富浦町深名505-1にある赤尻文化会館というところ。ここではテレビでも活躍するものまね、マジック、歌謡、お笑いなど、実力派芸人が週替わりで登場し、爆笑の渦を巻きこんでいる場所だ。ようするに、活躍する芸人のネーミングセンスがもはやダジャレでしかなかったので紹介してみた。坂本冬美ならぬ坂本冬休み。芸人としては開店休業のような気がして気分的なデメリットが大きい気がするwww吉幾・・・
びっくりです。世の中にこんなツワモノがいたなんてwwなんとハードディスクとフロッピーディスクだけであのダースベーダ―のテーマ曲を奏でるてしまうというツワモノが世界にはいたようです!男ならいろいろな視点から楽しめるはず?w
スターウォーズのスター・デストロイヤーといえば銀河共和国や銀河帝国や新共和国によって建造された宇宙戦艦だ。その全長900mで、実在していれば圧巻の大きさだ。そのスター・デストロイヤーをLEGOで作成し、落下する様子が撮影された。スター・デストロイヤーは急激に落下し、部品ともいうべきLEGOが吹っ飛んでいく様子はスター・デストロイヤーの最後のシーンを見ているかのようで、想像以上の感動を覚えるだろう。
ネットでペットを購入時代になった昨今、動物と触れ合う機会はより身近になった。そう、こんな感じでぽちっと・・。あとは届けられるのを待つのみ・・え?・・いやこれは違うだろww
サファリパークでの動物たちは人に慣れているせいか、ぐいぐい来る傾向に?あるようです。しかしそこは野生動物。車の中だからと安心していると・・・。それでもあまり見られない体験をするのも見方を変えればお得かも?
人間の世界では「横断歩道、みんなで渡れば怖くない」という標語がある(ウソ)。チンパンジーの世界でもそれは例外ではないようだ。でもやっぱりこわい・・。はたして全員無事に渡りきることができたのだろうか。
新種?!アマゾンの荷物を運ぶミツバチを発見この程、アマゾンの荷物を運ぶハチが発見されました。ロボットが運ぶ配送システムとして、ドローンが話題を集めており、アマゾンでも本国アメリカでテスト飛行などが続けられています。今回確認されたのは、ドローンによるロボットではなく、昆虫を使った配送システム。これが実現されれば究極のエコ配送にもなり得ると予測される。気になるところはハチミツを運ぶ際、従業員(ミ・・・

Copyright 2015 newsjapan.co.jp All Rights Reserved.